3月も終わりだねー

今週はオークションの無料出品日が無かったので比較的のんびりした展開になっています(やっとブログ更新できそうだw)。とはいえ、出品の無い週は動きがほとんど無いのも実情。勿論、ヤフー以外のオークションにも出品はしているのだけど、ほとんど動かないからねー。

と言うわけで、1-3月のマトメです。今期は少し力を入れた事もあって多少の動きはあったものの、やはり効率は悪いですねー。また、ここにきて単価も一段と下がっているのでかなり厳しい状況です。何とか動いているのは作品の力だとは思いますが、クソも味噌も低価格というのはどうなのでしょうね。やはり素晴らしい作品にはいい値段が付いて欲しいと思うのですが、その辺のところはタイミングしだいなのです。

極端な高騰はダメですが、作品に対するある程度の価値というのは必要じゃないかな?。その辺は在庫の処分を急ぐ大手業者の問題もあり、難しいですね。市場の動向で作品の価値が動くのもオークションの醍醐味なのですが、その辺は経済的なものを中心に考えるか、文化的なものを中心に考えるかで違ってくるのかもしれません。文化的な物を消耗品と一緒に考えちゃいけないような感じもしますが、それもオークションというフィールドで行われる事なので仕方が無いのかも知れませんね。

若き日の永六輔さんも出演。わかるかなーw。
20120325_150342880.jpg


ヤフオク
ウォンテッド  
ぐるぐる  
スポンサーサイト

テーマ : 邦画 - ジャンル : 映画