スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の逆転

なんとも言えない中途半端な作品でした。ジェレミー・アイアンズ、グレン・クロースなど、確かな俳優が手堅い演技で見応えは十分ですが、どっち着かずのストーリーが今一だったんじゃないかな?。普通、裁判映画はあまり外さないのですが、この作品は、有罪、無罪ということにはあまり視点は無いようです。まぁ、大体、法律では人間の心の中までは裁けません。
 サスペンスとしても、その辺が足を引っ張っているので中途半端です。黒人の弁護費用捻出のために登場する弁護士の話が絡んできて、ちょっと焦点がボヤけたようです。うーん、物語の構成自体がかなり苦しいですね。実話の映画化ということで、かなりセンセーションだったらしいですが、役者の演技を除いて、見るところはあまりありませんでした。かなり期待していたので、ちょっとがっかり。

13号倉庫のHP
http://bsouko.hp.infoseek.co.jp/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。